棒線駅 6 海瀬駅


小海線で6つ目の棒線駅、海瀬(かいぜ)駅です。
この駅は住宅地にあり、しかも国道との立体交差のすぐ脇で、こんな細い道を歩いてしか行けない駅です。
「車でたどり着けない」という秘境駅の条件の一つだけは当てはまります。(笑


道を歩いていくと線路に突き当たり、右に曲がるとホームへの階段があります。
階段の線路側に柵も手すりもありません。


緩いカーブのホームの先の方に待合所があり、上を水力発電所の水圧管が通っています。


水圧管の下をくぐって下り列車が到着します。
ホームの反対側は山になっていて、ホーム全体を見渡せる場所はありません。
景色も殆ど見えないし、写真的には面白みのない駅ではありますが、水圧管が上を通っている駅というのも珍しいですよね。

次は青沼駅です。(羽黒下駅は交換駅なので抜きます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です