旧立場川橋梁 3


「旧立場川橋梁 2」の続きです。
築堤上にはいろいろなものが残っています。


前回も枕木が残ってることは書きましたが、バラストがはっきりわかる所もあります。


架線柱の整備や非常時に使うハシゴを掛けておいたコンクリート製の柱です。


架線柱の傾き防止のためのワイヤーを地上に固定していたアンカーです。


これはよくわからないのですが、線路沿いに何かを固定していたものだと思います。
一番上の写真で、線路のあった場所の左側に並んでいます。

次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です