黄昏の列車交換


黄昏近い清里駅に上り列車が入ってくる。
針葉樹の梢に最後の夕日があたり、前照灯にレールが光る。


夕焼け空の手前の闇から下り列車のエンジン音が聞こえてくる。


どちらの列車も乗り降りする人の姿がある。駅としてはちょっと活気のある時間かも知れない。


列車が発車していく。
大きなザックを背負った女性が、構内踏切を渡りながら列車を振り返った。
梢の夕光は既に消えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です