ロングレール


中央線の線路です。
小淵沢付近で撮影したものですが、ちょうどロングレールの溶接による継ぎ目なんです。

ロングレールは、場所によって長さが違うこともありますが、大抵は200mくらいです。
最初からその長さで作るのではなく、普通のレールを溶接して長くするのが普通です。
写真で溶接箇所が分かります。
白い線が2本ありますが、その間の帯金が当ててある所がそうです。

工場で溶接してから現場へ運んでくる場合も、現場で溶接する場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です