しなの鉄道戸倉駅


しなの鉄道の戸倉(とぐら)駅です。
戸倉上山田温泉の最寄り駅で、しなの鉄道の社員配置駅です。


観光地の駅らしく、ホールは広くて扉に仕切られた待合室があります。


単式1面、島式1面、合計2面3線のホーム構成です。単式ホームに面して駅舎があります。


ホームは登り側端にある跨線橋で連絡しています。古レール利用の鉄骨造で羽目板は木製です。


車両基地が併設されていて、多数の留置線があり、新しい車庫(整備施設)も出来ていました。


ホームは1番線が下り長野方面、3番線が上り小諸・軽井沢方面で、2番線は当駅始発の列車です。


観光列車「ろくもん」が到着します。戸倉駅ではちょっとした歓迎セレモニーと、食事や飲み物の積み込みが行われていました。

次回は、戸倉駅での観光列車「ろくもん」をご紹介しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です