無停電電源装置の買い替え


私のMacの無停電電源として使っていた装置を更新しました。
東日本大震災後の計画停電対策で導入した物の買い替えです。


機種は前回と同じもので、本当はBLACKが欲しかったのですが、在庫が無くWHITEにしました。


性能などは前回のものと変わりありません。
参考までに前回の記事をどうぞ。「無停電電源装置」

バッテリー(鉛蓄電池)の寿命が7年と表記されていたので、今年に入ってから注意していたのですが、7月中旬ころに充電が効かなくなってきました。
で、買い替え候補を探し始めたんですが、結局同じものに落ち着きました。
UPS(無停電電源装置)はいくつかのメーカーから出ていますが、私が導入できる値段のものになると、それほど多くはありません。
その中で、電池寿命が7年となっているのは「ユタカ電機製作所」の製品だけです。(他社はいずれも5年かそれ以下)
実際、今までのものが7年間保ちましたから信用はできます。

現在は当時と違って計画停電はありませんが、落雷を避けるための送電ルート切り替えなどで電源が瞬断することはあります。
また、間にこの装置が入って、しかもヒューズ付きの装置なので、落雷などの被害も少しは受けにくくなるかと思います。
値段は7年前より少し上がっていて、12,800円でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です