しなの鉄道坂城駅・1


しなの鉄道の坂城(さかき)駅です。
入り口の三角屋根がアクセントになったいい感じの駅舎です。


坂城町が業務受託している簡易委託駅です。
自動券売機が設置されています。


駅舎から構内に入ると、正面に昔は構内踏切でホームへ渡ったと思われる痕跡が残っています。


ホーム側から見るとこんな感じです。
現在は跨線橋でホームへ渡ります。


跨線橋の入り口から駅舎を見たところです。
色は黒でなく濃いめのブルーグレーで、とても洒落ています。


ホーム側から駅舎と跨線橋を見るとこんな配置です。
駅舎は、多分創業当時から補修しながら使われているのでしょう・・乗客が通らない部分はかなり古い感じのままです。
この駅は日本貨物鉄道(JR貨物)の駅でもあり、貨物列車用の側線も多いです。

次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です