しなの鉄道テクノさかき駅


しなの鉄道のテクノさかき駅です。
しなの鉄道で唯一のカタカナとひらがなの駅名です。


長野県更埴郡坂城町が窓口業務を行う簡易委託駅です。
自動券売機が設置されいてます。


ホームは相対式2面2線で、下り坂城駅側の跨線橋で結ばれています。上りホームには小さな待合所があります。


跨線橋にエレベーターなどはありませんが、駅職員の居る時間に限り車いす用の昇降機が利用可能です。


駅名から、精密機械工業団地のような駅前を予想していたのですが、ロータリー周辺は長閑な田舎の風景でした。
近くに日精樹脂工業をはじめとする金井中之条工業団地があり、最寄り駅となっています。


1999(平成11)年にしなの鉄道の駅として開業しました。
しなの鉄道になってから最初の新駅で、そのため信越線時代からの駅のように12両編成対応の長いホームではなく、6両編成対応のホーム長となっています。

次は坂城駅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です