しなの鉄道西上田駅


しなの鉄道の西上田(にしうえだ)駅です。
しなの鉄道は、既に軽井沢駅から上田駅までの撮影と「くまぶろ」への掲載が済んでいますので、今回の西上田駅から、更に下り方面に進んでいきます。


しなの鉄道の駅員配置駅で、改札窓口、切符売り場、乗車券販売機があります。


島式1面と単式1面のホームがあり、跨線橋で連絡しています。島式の方は通常片側は使用していないようです。


ホームを結ぶ跨線橋とは別に、駅前広場から反対側へ駅を南北に結ぶ自由通路の長い跨線橋があります。


1920(大正9)年に国鉄信越本線の北塩尻駅(きたしおじりえき)として開業し、1956(昭和31)年に西上田駅に改称しています。
かつては日本オイルターミナル上田営業所が隣接し、専用線や引込線もありました。
現在も周辺のセメント工場などの専用線があり、篠ノ井駅方面からのJR貨物の終点駅となっていますが、定期貨物列車の発着はありません。

次はテクノさかき駅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です