しなの鉄道115系・5


「しなの鉄道115系・4」の続きです。
今回は田中駅での撮影です。


懐かしいスカ色(横須賀線色)に塗装された115系電車です。


このクリームと紺は、横須賀線の近郊型電車に採用された塗装でした。


その後全国に広がりますが、最初が横須賀線だったので「スカ色」と呼ばれます。


しなの鉄道の前身の信越本線では、湘南色の115系と、その後の長野色の115系が殆どでしたから、このスカ色の115系は中央線沿線の人々にこそ懐かしいものですね。

さて、しなの鉄道の115系には、湘南色、初代長野色、長野色など、色々な塗装があるのですが、なかなか列車ダイヤと撮影の都合が合わず、今回のこのスカ色115系で一旦終了します。
また他の塗装の電車が撮れたらご覧いただきたいと思います。

2 Replies to “しなの鉄道115系・5”

  1. こんにちは。
    暑いですね~
    暑すぎですね~
    暑さMAXですね~
    (汗)

    おっ!
    スカ色、まだあったのですね。
    本家、横須賀線~総武線でも、もう見ることのないスカ色115系。
    懐かしいですね~

    そういえば、中央線でも走ってましたね。
    学生の頃、日野に住んでて、
    日野駅を通過するのを見掛けましたね。

  2. くまごろーさん、いらっしゃい。
    ほんとに暑いですね〜

    このスカ色115系は、しなの鉄道の標準色だったものをスカ色に塗装し直したものです。
    中央線では既に115系は見られなくなっています。
    今は211系ばかりになってしまいました。
    残念ながら、既に時代は変わってしまいました。

コメントは受け付けていません。