高川橋梁通過


小海線の高川橋梁です。


甲斐小泉駅を上り列車で出発すると最初の鉄橋です。


ここは通常時は全く水のない川で、少し下流で三分一湧水の一本の水路がこの川に流れ込んでいます。


災害的な大水があるときのみ、この場所でも水が流れます。


1943(昭和18)年に大きな山津波があり、この鉄橋も流される被害を受けています。
その時は三分一湧水の水源池、枡、水路なども流され、土砂に埋まりました。
三分一湧水近くにある大岩もそのときに流れてきたもので「大荒れの碑」として文字が彫り込まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です