高岩から歩いて・15


「高岩から歩いて・14」の続きです。
集落に入っていくと「海瀬駅」の看板がありました。


狭い徒歩道の先に同じ看板が見えます。左下の道路は武州街道です。


線路と民家の間のような道の向こうにホームへの階段があります。


幅の狭いホームだけの無人駅です。発電所の送水管の手前に待合所があります。


ちょうど下りのハイブリッド列車が到着です。
私はこの後の上り列車を待って帰路につきます。

高岩から歩いてのシリーズは今回が最終回です。
この後は、この海瀬駅から歩く新シリーズに続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です