早春の千曲川を渡る


第四千曲川橋梁を渡るハイブリッド列車です。
4月中旬の撮影です。


季節としては既に早春でもないのですが、山里の春は遅いようです。


岸辺にはようやく緑の草が見えてきましたが、落葉松林は冬枯れのままです。


雪や氷こそ消えましたが、千曲川の水はまだ冷たく、釣りをする人の姿もありません。

時折冷たい風が通り過ぎますが、陽の光だけは明るく、ほのかなぬくもりを感じさせてくれます。
緑萌える春はそこまで来ているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です