HIGH RAIL 1375乗車記・3


「HIGH RAIL 1375乗車記・2」の続きです。
全車座席指定ですが、可能なら1号車のシングルシートがいいです。


私達は1号車のボックスシートだったのですが、横の窓が狭くて、車窓風景を楽しむにはちょっと問題があります。


外から見ると、ちょうどマークのある部分なんですが、元形式ではドアがあったところを潰してあるのです。


1号車の最奥には売店があります。アテンダントさんの定位置で、グッズや土産物だけでなく飲み物の販売もしています。


ハイレール1号ではブランチ付きのびゅう商品が販売されています。これがなかなか美味しくてよかったですよ。
びゅう旅行センターで乗車券、指定券と共に購入します。

とても楽しい旅が楽しめる観光特別列車「HIGH RAIL 1375」でした。
ただ、1号車のボックスシートについては「窓が小さい」というウイークポイントがあります。
私の場合は、既に数十回は小海線に乗っていますからさほど気にもならなかったのですが、普通列車ではなく観光特別列車なのですから車窓風景は重大なポイントです。
小海線の車窓風景を楽しみに初めて乗車する方にとっては、これが他の席と同じ値段ということについてクレームが発生する可能性を感じました。
予約できっぷを買う時に、1号車の8番、9番はこのボックス席なので、可能なら避けた方が良いと思います。

全体として、アテンダントの二人の女性の接客や、上手な雰囲気作りで、快適で楽しい小海線の旅でした。
ボックス席の問題を除けば、とても良く出来た観光列車で、ぜひ一度乗車してみることをおすすめします。

「HIGH RAIL 1375乗車記・3」への2件のフィードバック

  1. こんばんは。

    おっ!
    「HIGH RAIL 1375」乗ったんですね!
    いいな、いいな。

    乗車記1~3
    端から端まで、じっくり拝見させて頂きました。(笑)
    とても小海線を走ってる車両には見えませんね。
    ワクワク感1000000%の車内、
    最高ですね。

    ブランチボックスが、これまた美味そうです!

  2. くまごろーさん、いらっしゃい。

    いつか乗りたいと思っていたんですが、近くに住んでいるだけに思いきらないといつまでも乗れそうもないので、今回はまだ他の友人が乗っていないうちに決行しました。

    ブランチも美味しかったし、全体としてとてもおもてなしのクオリティーがいいですよ。
    ぜひ一度乗ってみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です