飯田線駄科駅


飯田線の駄科(だしな)駅です。
道路の突き当りに、数台の駐車スペースと待合所があります。


駅舎ではなく通り抜け式の待合所で、ベンチが置いてあるのみです。


単式ホーム1面1戦で待避線はありません。インスタント味噌汁の旭松食品の本社工場が見えます。


かつては相対式ホームでしたが向こう側のホームは廃止となり線路も撤去されました。


1927(昭和2)年に伊那電気鉄道の駅として開業しました。
1998(平成10)年まで古い駅舎がありましたが、放火により消失し、翌年に現在の待合所が作られました。

次は時又駅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です