キジの足跡と羽跡


キジの足跡を見つけました。
この辺では珍しいものではありませんけれど。


これは上の写真とは別のやや雪の浅い所で、指がハッキリ分かる足跡を撮りました。


ちょっと大きな凹みがあり、その手前に足跡がありません。
飛んできたキジが着地したところです。


アップで見るとハッキリわかりますね。
両翼と尾羽根の跡が付いています。


突然足跡がなくなって、すぐ近くの斜面にこんな跡が付いていました。
片側が斜面で高くなっていたので、飛び立つ時に片方の翼で雪面を叩いてしまったのでしょう。
尾羽根をこすったような跡も付いています。
このような跡は、新設で雪が柔らかい時、しかも風のないときしか残らないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です