飯田線伊那上郷駅


飯田線の伊那上郷(いなかみさと)駅です。
住宅地にある小さな駅です。


踏切の脇にホームへの階段とスロープがあり、駅舎や改札口などはありません。


カーブしたホームの中央付近にやや大きめの待合所があります。


ホームの反対側からも道路に出られそうな気がしますが、これはトイレで、出口ではありません。


1923(大正12)年に伊那電気鉄道の上郷停留場として開業しました。
1935(昭和10)年に上郷駅に昇格し、翌年に伊那上郷駅に改称されています。
以前は周囲の製材業者の専用線が接続していたこともありました。
単式ホーム1面1線の無人駅ですが、周辺に住宅が多いため1日の乗車客は約700人となっています。

次は桜町駅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です