飯田線下市田駅


飯田線の下市田(しもいちだ)駅です。
人家と空き地の間を入ったところにある小さな無人駅です。


駅舎はなく、使用済み切符入れがあるだけで、階段で直接ホームに上がれます。


単式1面1線のホームはカーブの内側で、下り方向に公道の踏切があります。


待合所は出来たばかりの新しいものでした。
上り方向はホームの反対側に国道153号が通っています。


1923(大正12)年に伊那電気鉄道の停留場として開業しました。
4枚目の写真右側の柵を超えて国道に出てしまう乗客が多くて問題になったことがあるそうです。

次は元善光寺駅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です