小海線は八ヶ岳ブルーを目指す


大築堤を小海線の列車が走ります。


25パーミルの連続勾配、半径300mの急カーブでぐるりと向きを変えます。


最初は右の車窓にあった八ヶ岳が進行方向に移ってきます。


ここは「大曲り」と呼ばれる小海線撮影の名スポットです。


ついに八ヶ岳は左側の車窓風景になります。
八ヶ岳が窓に収まらないほど大きくなる頃、列車は八ヶ岳の森に走り込みます。
八ヶ岳の青空はどこまでも高く広く続いています。

「小海線は八ヶ岳ブルーを目指す」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    今年も一年お世話になりました。
    (楽しませて頂きました。)

    冬は寒くていけませんが、
    真っ青な青空で、いろいろと美しく撮影が出来て
    いいですよね~。
    どれも、最高な景色ですね!

    今晩から、帰省します。<(^^

  2. くまごろーさん、いらっしゃい。
    毎日寒いですね。
    でもたしかに冬は空がきれいです。
    深〜い青空が見られる日も結構ありますね。

    来年もよろしくお願いします。

コメントは停止中です。