飯田線山吹駅


飯田線の山吹(やまぶき)駅です。
果樹園と民家の入り混じった中にある駅です。


駐車スペースは割りとありますが、駅舎はなく、小さな待合所の脇からホームへ入れます。


元々は相対式ホーム2面2線の駅だったのですが、現在は単式ホーム1面1線となっています。


利用されなくなったホームは現在も残っています。嘗てはここに構内踏切がありました。


現在は使われていない引込線も、一部の線路が残ったままです。向こうの建物は保線関係の宿舎だったような感じです。


1923(大正12)年に伊那電気鉄道の駅として開業しています。
長野県下伊那郡高森町山吹という地名から名付けられた駅ですが、駅名にちなんでホームにヤマブキが植えられています。

次は下平駅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です