飯田線伊那大島駅


飯田線の伊那大島(いなおおしま)駅です。
寄棟造りの古い駅舎がいい感じの駅です。


松川町が業務を受託している簡易委託駅で、日中は人がいて窓口が開いています。


駅舎のある下りホームは割と大きな上屋があります。


構内踏切からのカットです。古い石積みのホームがいいですね。下りホームにはトイレも設置されています。


上りホームには小さな待合所と花壇があるだけです。


上り列車が侵入してきます。午後の一番空いた時間帯ですが何人かの乗客が待っています。


1922(大正11)年に伊那電気鉄道の駅として開業しました。
所在地の地区名は「もとおおじま(元大島)」や「おおじま(大島)」ですが、駅名は「いなおおしま」となっています。
相対式ホーム2面2線の他、下り方向に側線があり、夜間留置に使用されています。
一日あたりの乗客数は400人近く居ます。

次は山吹駅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です