小海から歩いて・2


「小海から歩いて・1」の続きです。
千曲川の支流、相木川に架かる小海線の鉄橋です。


この辺の山は結構岩山です。
八ヶ岳山体崩壊時の堆積物によるものでしょうか。


千曲川の本流と相木川の合流部分です。
向こうに小海駅の時計塔が見えます。


対岸は佐久総合病院小海分院です。
ダイサギが優雅に飛んでいます。


向こうの家の専用みたいな踏切。今回この踏切は渡りません。
このあたりから馬流の集落です。

次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です