飯田線高遠原駅


飯田線の高遠原(たかとおばら)駅です。
林檎畑の間の狭い道を下り、行き止まりになった所でホームの端が見えます。


これが駅の正式の入り口です。
踏切は徒歩と二輪車のみ通行できます。


単式ホーム1面1線だけのシンプルな駅です。
ホーム上に小さな待合所があるだけです。


ホームの反対側にも道がありました。
車が通れそうですが、これも田んぼの中を通ってどこへ続くやら・・


1918(大正7)年に伊那電車軌道の高遠原停留場として開業しました。
付近は果樹園と水田が広がっていて、集落は少し離れた場所にあります。
車では駅まで行けないとウィキペディアに書かれていますが、行くだけは行けます。
ただし、駅前では方向転換が出来ないので、ある程度はバックで戻れる自信のない人にはおすすめしません。

この高遠原駅と次の伊那田島駅の間に大沢信号場があるので、ここで簡単にご紹介しておきます。


列車交換の出来ない二駅の間にある信号場です。
待避線と信号機以外に特に施設はありません。


近くに狭い道路と人家が少しあります。
飯田線なので待避線も3両編成が余裕を持って入る程度の長さです。

今回の高遠原駅から、2017年11月1日の撮影になります。
次は伊那田島駅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です