旧綿内駅


廃止された長野電鉄屋代線の駅です。
駅舎が残されて、バスの待合所として使われています。


駅舎は、廃止前からくもん教室として使われていて、今も続いています。


元は改札があった名残として、木製の柵の開く部分が残っていました。


現役時代から、駅舎を通らなくても出入りできるようになっていました。


線路は全て撤去されていますが、バラストは残っています。
線路のあった部分の土地は割りと広く、今もそのままとなっています。

長野電鉄屋代線の敗戦後に駅舎が残されているのは、この「綿内駅」に「信濃川田駅」「松代駅」の三つだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です