飯田線沢渡駅


飯田線の沢渡(さわんど)駅です。
難読駅名の一つとして知られています。


古い木造駅舎の出入り口をカバーするように、大きなスレート貼りの風除室が造られています。


2013(平成25)年から無人駅となり、窓口は閉鎖されましたが、駅舎は残っています。

相対式2面2線のホームは下り側に構内踏切があります。保線用の側線があり、その分だけホームの位置がずれています。


反対側にも側線がありましたが、今はポイントが外されて使用できなくなっています。


上りホームから見た駅舎です。古い地方駅の雰囲気をよく残して居るだけに、表側の野暮ったい風除室は残念です。


同じ長野県内の、上高地の近くに沢渡という地名(大駐車場のある所)がありますが、この沢渡駅とは無関係です。

次は赤木駅です。
赤木駅との間に、JR最急勾配区間(40‰)があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です