旧松代駅・1


廃駅となった「松代駅」の駅舎が保存されています。
2012(平成24)年に廃線となった長野電鉄屋代線の駅でした。


路線が廃止された後も、駅舎や駅舎に面したホームは残され、バスの待合所として利用されています。


1922(大正11)年の開業時からの駅舎ですが、下手な化粧直しなどせずに保存されているのがいいですね。


単式1面、島式1面の2面3線のホームと留置線は、駅舎に面した単式ホームだけを残し、松代城などの駐車場になっています。


駅舎内には現役時代のこんな注意書きなどが残されて、いい雰囲気を出しています。
松代城(海津城)址、真田宝物館、松代大本営跡、池田満寿夫美術館などが近いので、鉄道がなくなってしまったのは残念ですが、車で行っても駅跡地の駐車場に車を置いて歩いて回るのに良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です