野辺山天文台・1


正式には国立天文台野辺山宇宙電波観測所です。


10mミリ波干渉計(1枚目の写真)の科学運用は既に終了しています。


野辺山には6台あって、専用の台車でレールの上を移動していました。


専用のターンテーブルもあります。


6台を最適に配置することで、直径600mの電波望遠鏡と同じ性能があったということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です