飯田線伊那松島駅


伊那松島(いなまつしま)駅です。
箕輪町が業務受託している簡易委託駅で、辰野駅を出てから初めての人が居る駅です。


乗車券発売窓口と待合所のベンチがあります。
やはり人がいる駅は駅舎内もきれいです。


駅舎から直接下り線のホームに出られます。
向かい側の上りホームには上屋と小さな待合所があります。


下り方向に構内踏切があり、上下のホームを結んでいます。
奥に見えるのは飯田線北部の乗務員基地、伊那松島運輸区です。


構内踏切を渡ったところから見た駅舎です。相対式ホーム2面2線で、以前は上りホームが島式で3番線もありました。


上りホームの上屋は古レールを利用したもので、なかなか良い雰囲気があります。


1909(明治42)年に伊那電車軌道の松島駅として開業し、1923(大正12)年に伊那松島駅に改称しました。
1943(昭和18)年に鉄道自体が国有化され、国鉄飯田線の駅となりました。

次は木ノ下駅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です