中央線大桑駅


中央線の大桑(おおくわ)駅です。
1951(昭和26)年に開業しました。


木曽福島駅管理の簡易委託駅で、日中は職員が切符の販売をしています。


駅舎よりやや高い位置に線路があり、階段を数段上がってホームに出ます。


駅はカーブの途中にあり、相対式ホーム2面2線を跨線橋で結んでいます。


ホームがカーブしているため全体は見通せません。
ちょうど特急しなの(振り子式)が通過していきました。


この駅は近くに旧宿場が無いので観光客の利用は殆どありませんが、大桑村役場が最寄りのため、地元の人の利用はあるようです。

次は野尻駅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です