スイッチバックの列車交換2


昨日の続きです。
上下の列車が揃った姨捨駅から、上り列車が発車します。


ポイントを渡り、さきほど下り列車が通った線路に入ります。


このまま本線へ出て松本方面を目指します。


下りホームから下り列車がバックで発車してきます。


真っ直ぐ進むと上り本線なんですか、このポイントで方向を変えます。


一旦本線へ出て、引上げ線を目指します。


引上げ線で前進に方向を変えて走ってきますが、今度は駅へは入りません。


長野方面への勾配を下っていきます。

昨日と今日の2回で、スイッチバック式の駅での列車交換(すれ違い)をご覧いただきました。
昔は信号とポイントの操作のために職員が居たのですが、今はすべての制御が自動で行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です